根が深いいぼでも完全に治療するために知っておくべきこと

治療の特徴と経過

カウンセリング

CO2レーザーの効果

皮膚に起こったトラブルのほとんどは、レーザーなどの照射系の治療をして治すことが可能です。レーザー治療器を使用して行うレーザー治療をすれば、いぼやほくろ、シミや肝斑などを簡単に解決できます。レーザーには沢山の種類があります。いぼやほくろなどの除去によく使われているのが、CO2レーザーです。CO2レーザーは炭酸ガスレーザーとも呼ばれており、炭酸ガスの力で皮膚にできたいぼやほくろを蒸散してなくすことができるレーザーです。皮膚の表面に突起したいぼの場合でも、一回のCO2レーザー治療でなくすことが可能です。治療にかかる費用は、いぼの大きさによって左右されます。比較的ちいさないぼの場合は5千円以内で消去できます。大きないぼの場合は、一回よりも複数回に分けてレーザー治療をしたほうが綺麗に取れます。その場合はレーザー治療の回数が増える分、治療費が少し高めになります。CO2レーザーはシミの治療にも効果があります。新しいシミはもちろんのこと、ずっと昔に出来たかなり年季が入ったシミでも蒸散してなくせます。ピンポイントで狙ってなくせるので、美白効果があるホワイトニング系化粧品をずっと使うよりも効率的で格安です。

治療をした後のケア

CO2レーザーを使ったレーザー治療は、美容外科・レーザー外科などの美容クリニックで受けることができます。ただし、クリニックによって導入しているレーザー治療器が違う場合があるので、事前にホームページで確認する事をお勧めします。いぼやほくろなどをレーザーでなくしたあとは、皮膚がくり抜かれたようにくぼみになります。治療直後は出血があるので、絆創膏などの保護テープをしばらく貼っておく必要があります。最初はクリニックで治療直後に肌色の保護テープを貼ってくれます。水に濡れてもはがれにくい素材で出来ていますが、もしもはがれてしまったら新しい保護テープに替えて皮膚を保護しておくことが大切です。また、炎症を抑えるための外用薬(塗り薬)が処方されるので、それを一日一回レーザー治療をした部分に塗る必要があります。新陳代謝と共に細胞が生まれ変わっていくと、徐々に皮膚のくぼみが埋まっていき、表面が滑らかになっていきます。代謝能力が高い人だと2ヵ月〜3ヵ月ぐらいで周りの皮膚と変わらないくらいになります。ただし、ターンオーバーが乱れがちになると治りが遅くなります。ターンオーバーを正常にするには、十分な睡眠をとってストレスを溜めないようにすることが大切です。