根が深いいぼでも完全に治療するために知っておくべきこと

痛みの少ないレーザー治療

ドクター

レーザー治療のメリット

体にできてしまったホクロやいぼで悩んでいる人は大勢います。特に首や顔などの目立つ場所にできたホクロやいぼは、衣服やお化粧などで隠しきることができないため、見た目が気になるものです。しかし、以前はホクロやいぼを取り除くためにはメスを使った手術が必要だったため、除去を考える人はあまり多くありませんでした。近年、美容外科ではホクロやいぼを炭酸ガスレーザーで除去することができるようになり、女性を中心に人気を集めています。美容外科で行う最新のレーザー治療の特徴は、施術前に局所麻酔を行うことにより痛みがほとんどないことです。1つのホクロやいぼを取り除くのにかかる時間は短時間で、術中の出血や施術後の痛みもほとんどありません。メスの場合と異なり、縫い合わせたり、抜糸をしたりという手間もなく、ダウンタイムが少ないのが特徴です。また、最近では施術前に医師による丁寧なカウンセリングを実施する美容外科が増えています。患者一人一人の悩みや相談に応じながら、施術の内容についても詳しく説明してもらえます。ホクロやいぼの形、色、大きさなどの違いによって最適な治療法を提案してもらうことができ、初めて美容外科に通院する人でも安心です。

術後のケア方法

美容外科でホクロやいぼのレーザー治療を受ける場合には、医師のアドバイスに従って治療を進めていくことが大切です。レーザー治療の終了後には、自分自身の目でホクロやいぼがきちんと除去できているかどうかを確認し、不安な点があればその場で医師に尋ねるようにしましょう。また、施術後のケア方法についてもしっかり理解しておく必要があります。美容外科のレーザー治療では、多くの場合、当日から洗顔、化粧、シャワーなどをすることができますが、患部はあまり強く刺激しないように気を付けます。洗顔の際にも手でゴシゴシとこすったりせずにやさしく触れるようにします。ばい菌などが入らないように処方された軟膏を塗っておくほか、保護用のテープを貼っておく場合もあります。さらに、新しい表皮ができるまでの間は紫外線にあたることがないように注意しましょう。日焼け止めなどをしっかりと塗ってUVケアを行ったり、日傘や帽子などで極力日光を浴びないような生活を心掛けます。施術ごとの保障制度を設けている美容外科や、治療の経過や施術後に気になることがあった場合に電話やメールで問い合わせができる相談センターを設けている美容外科もあります。不安なく治療を受けることができるように、アフターフォローについても事前に調べておくと安心です。