根が深いいぼでも完全に治療するために知っておくべきこと

専門の病院ですっきり

女医

レーザーなら跡も残らない

顔のいぼやほくろを取りたいと願う人は大勢います。いぼやほくろが顔の目立つところにあると、顔全体の印象に影響を与えるため、除去したいと望む人が多いのです。そうはいっても、いぼやほくろは、病気ではありませんので、一般的な皮膚科や外科では対応が難しいことが多いです。一般的な病院では、病気の治癒を目的とした治療のみを行います。だからこそ、健康保険の適用があり、治療費の負担が軽減されるのです。いぼやほくろを除去する治療は、病気の治癒ではなく、美容目的で行われるため、美容外科や美容皮膚科で治療してもらうのが正解です。美容外科や美容皮膚科では、保険適用外の治療を実施しており、より美しくなるために最先端の技術を駆使してくれます。具体的には、炭酸ガスレーザーやヤグレーザーなどのレーザー治療がなされることが多いです。炭酸ガスレーザーは、盛り上がりのあるいぼやほくろの除去に高い効果を発揮し、メスを使った手術よりも跡が残らないというメリットがあります。ヤグレーザーは、ヘモグロビンに反応し、血管にできた腫瘍などに効果的です。美容外科や美容皮膚科の最新技術に任せれば、いぼやほくろなどの長年の悩みもすっきり解消することができます。

顔の印象が変わる

いぼやほくろを除去する施術が人気なのは、たった数回のレーザー照射で、顔全体の印象が変わるからです。美容外科や美容皮膚科で行われるレーザー治療は、一般的に三回から四回程度繰り返すことが必要です。たった三、四回の負担で、完全にいぼやほくろが消え、外見に対する自信を取り戻ることができるのですから、悩みを抱えている人にとっては救世主といえます。美容外科や美容皮膚科で行われるレーザー治療は、デメリットがほとんどないのも、人気の秘訣です。レーザー治療中は、輪ゴムではじかれたような痛みを感じることがありますが、痛みの程度は小さいです。痛みに弱い人でも、施術前に麻酔クリームを塗れば問題ありません。また、患部を冷やしながら施術することで、さらに痛みを軽減することもできます。また、レーザー治療後も、日常生活に支障が出ないようにすることができます。レーザーの種類によっては、施術後すぐにメイクできない場合もありますが、出力を弱めることによって、メイクを可能にすることもできます。事前に医師と相談し、負担のない形で治療を進めることが大切です。さらに、レーザー治療にかかる費用は、分割払いで支払うことが認められています。